フルサポート
オーストラリアの現地にある、評判の良い無料留学エージェント、アイエス留学ネットワークとバイブスがワーキングホリデー、留学生の留学生活をフルサポートいたします。

シドニーのナイトライフが大きく変わる!!!

2019.11.29 コウスケ
シドニーのナイトライフが大きく変わる!!!

2014年2月から、施行されていた「ロックアウト・ロー(Lockout Laws)」というシドニーのナイトライフに関する法律が2020年1月14日から大きく変わるというアナウンスが、NSW州政府より発表がありました。

 

ロックアウト・ロー (Lock Out Laws)とは

ドラッグやアルコールによる犯罪が耐えなかった事により2014年2月から施行された法律で、大きなきっかけとなったのは、2012年7月当時18歳だった Thomas Kelly (トーマス) が夜、彼女とキングスクロスを歩いていたところ、通りすがりの知らない人に殴られ、脳にダメージを受け、亡くなったという事件です。

最終入店 1:30 am
ラストドリンク 3:00 am
場所 パブ・クラブ・カラオケ・バー (60人以下のバー・レストラン・宿泊施設は除外されますが、アルコールのサービスは 3 pm まで。)
ボトルショップ・パブ・クラブでのボトルの販売 10 pm まで(シドニー全体)

 

ロックアウトローが与えたシドニーへの影響

ロックアウトローによる影響はかなり大きく、シドニーの文化やクラブやパブなどの産業だけでなく世界的なシドニーの町としての評価を大きく下げると共に、観光への影響も与えています。The Sydney Morning Herald によると、経済効果は約7.1パーセント減少し、2200 の仕事と約1000億円(2019年現在)の経済効果の可能性を失っており、2013年から35歳以下の旅行者は 490,000 人も減少していると話しています。

また、Yahoo! finance の調べでは、2014年からシドニーCBD・キングスクロスのお酒に関するビジネスは、44% 減少し、午前0時以降のレストラン等のビジネスは 51% 減少しているとしています。

特にクラブやパブへの影響は大きく、数多くの老舗のクラブやパブがここ数年で閉店に追いやられ、有名なアーティストの多くがシドニーでのプレイを好まなくなり、他の都市や海外に離れていっている傾向にあり、若い世代はアーティストとしてのチャンスの場を失っています。

この影響で、実際に平日週末に限らず夜遅くまで街に出ている人はかなり少なく、深夜にもなると街は閑散としている事もしばしばです。それにより、犯罪件数は下がっているという話をよく聞きますが、シドニー大学のレポートによると、The New South Wales Bureau of Crime Statistics and Research (BOCSAR) のリサーチでは、シドニーのCBDでの暴行などの犯罪件数は 13% 下がっていると発表されているが、CBDの代わりに人が集まる様になったエリアでは、犯罪件数が下がっているというデータは見られなく、またこの調査はエリアはCBD内の極一部のエリアに限定されており、信頼性に欠けるとしています。

そして、news.com.au の調べでは、ロックアウトローが適応されていないエリア、ボンダイ(Bondi)ニュータウン(New Town)ダブルベイ(Double Bay)などのエリアでは 2014年以降 14% も暴行なの事件が増加しているとの事です。

 

2020年からのシドニーのCBDとキングスクロス

ロックアウトローの地域

 

最終入店 1:30 am 以降
→ 廃止
ラストドリンク 3:00 am 以降
→ お店が閉まる30分前(*お店による)
深夜0時以降 ガラスのコップによるドリンクのサービスが可能
ボトルショップ 月 - 土:0 am
日:11 pm
までオープン可能
100 - 120人の規模のバー 増加

 

しかし、キングスクロスのエリアは除外され、今まで通りのロックアウトローの法律が施行されます。

これは、かなり大きな一歩であり、これによりシドニーのナイトライフはかなりいい方向に進んで行くのではないかと思います。しかし、現地のナイトビジネスやクラブ業界関係者の間ではそこまで盛り上がっておらず、意外と冷めた目で見守っている様です。その一つには、法律が変わったとしても、お客さんが戻ってくる保証はどこにも無く、一回失ったシドニーのナイトライフを前の様に取り戻すには、それでも多くの時間を要すると考えている様です。また、オーストラリアの政府は最後の最後でどんでん返し!なんて事もあり得るので、実際に2020年1月14日になってみないと、分からないという考えもある様です。

ですが、NSW政府は公式な書類にサインをしており、そこにはロックアウトローの変更が明記されているので、まず確実に施行されるのではないかと思います。

 

備考

/// The Sydney Morning Herald
'Collateral damage': Council blames lockout laws for drop in visitors
https://www.smh.com.au/politics/nsw/collateral-damage-council-blames-lockout-laws-for-drop-in-visitors-20190724-p52aeg.html

/// Yahoo! finance
Sydney's lock-out laws have repelled 3 million visitors and $1.4bn profit
https://au.finance.yahoo.com/news/sydney-lockout-law-3-million-visitors-14-bn-profit-022347458.html

/// News.com.au
Controversial Sydney lockout laws to be rolled back in January
https://www.news.com.au/national/nsw-act/news/controversial-sydney-lockout-laws-to-be-rolled-back-in-january/news-story/e2094c1337bf523dbd165adc9ecf976f

/// THE UNIVERSITY OF SYDNEY
Lockout laws review shows vital role of transparent data analysis
https://sydney.edu.au/news-opinion/news/2019/10/30/lockout-laws-review-shows-vital-role-of-transparent-data-analysi.html

/// The New South Wales Bureau of Crime Statistics and Research (BOCSAR)
For the record: Impact of the lockouts on the CBD
https://www.bocsar.nsw.gov.au/Pages/bocsar_media_releases/2019/mr-Impact-lockouts-on-the-CBD.aspx

/// NSW政府の公式な書類
4ページ目
24. That the following aspects of the suite of measures known as the 2014 laws be removed at licensed venues in the Sydney CBD precinct including Oxford Street, with appropriate urgency
https://www.parliament.nsw.gov.au/ladocs/inquiries/2519/NSW%20Government%20response%20-%20Sydney's%20Night%20Time%20Economy.pdf?fbclid=IwAR29wA8yuRF3bDh3jzTqqSAYOFTRIMWlY5rRLSwoHlSfp22MA5tvzjs202M