フルサポート
オーストラリアの現地にある、評判の良い無料留学エージェント、アイエス留学ネットワークとバイブスがワーキングホリデー、留学生の留学生活をフルサポートいたします。

私が体験した初めての海外生活で女子が心配しがちな6つの事、まとめ

2016.03.15 VIBES
私が体験した初めての海外生活で女子が心配しがちな6つの事、まとめ
海外 女子 生活     ・憧れの海外生活をしてみたいけど1人でやっていけるのか、、、。 ・心配や不安がいっぱいでなかなか踏み出せない、、、。     そんな事を思った事は有りませんか?     なにせ、今回この記事を書いている私もその1人。   私は特に心配症なので行く前は不安がいっぱいでした。     私が不安だったことはきっとみんなも不安なはずっ!!!       ・   ・   ・   ・   ・       ということで!   超心配性な私がシドニーに行く前に心配だったことを例にして、体験した結果どうだったかを書いていこうと思います。      

心配しがちな6つの事

1. 治安 2. 言葉 3. 人間関係 4. 健康 5. お金 6. 服装          

1. 治安

  【心配事】 ・暗くなってからの1人歩きは大丈夫か? ・シェアハウスでの貴重品はどのくらい厳重にしたらいい? ・街中でのスリ等     【体験】 ・意外と治安は悪くない。 私が住んでいた家は足の短い私が歩くとシティーから30分以上かかる住宅地にありました(泣)シティーと違って結構暗かったです。何回か1人で歩きましたが幸いな事に怖い体験は1度もありませんでした。シティー内の大通り沿いなんかは常に結構人がいるので1人で歩いてる人たくさんいます。   住宅地でも1人で歩いている女の子を何回か見かけましたが、だからと言って深夜に暗い道を1人歩きはおすすめしません! 日本よりも全然治安は良くないので、夜外に出るときは側に住んでいる友達や一緒に友達等と一緒に出かける事をオススメします。   ・貴重品、使われたくない物は自分のスペースに保管。 シェアハウスでも周りが海外の方ばかりなので、何個鍵を持って行くか悩みましたが、結果家に置きっぱなしなキャリーケースに1つだけつけて終わりました。シェアメイトなんて、リビングにお財布やら郵便物やら毎日置きっ放しでしたね(笑) ただ、シャアスペースに物を置いておくと勝手に使われたりっていうのは良くある話なので、貴重な物や使われたくない物はちゃんと自分の部屋やスペースに保管しておきましょう。   ・一応用心は必要。 私は毎日斜めがけのバッグで移動していました。パスポートは厳重にチャック付きのポーチの中に。しかし1度も何かを盗まれたことはありませんでした! 私の友達はBBQの時にケータイを公園のテーブルに置き忘れ、30分後とりに帰ったら近くでBBQをしていた外人さんが「探し物これじゃない?!」と取りに戻ってくるのを待っていてくれたっていうことがありました!用心に越した事は有りませんが、思っていたよりは大丈夫でした(笑)          

2. 言葉

  【心配事】 ・言葉に関しては滅茶苦茶心配だらけでした。全然話せないけど大丈夫かなぁ、、、やっていけるのかなぁ、、、     【体験談】 ・発音が意外と重要。 私は行く前に少し英会話スクールに通っただけで、全然勉強とかしていかなかったので、結果、予想通り言いたいことは伝わるわけもなく、発音が悪く簡単な単語も通じませんでした、、、 すごく心が折れたんですが、それでも、私の拙い英語を聞き取ろうとしてくれる姿勢に感動したのを覚えています!!   ・下ネタは世界共通w 男性陣は下ネタで良く盛り上がっていたのが印象的でした、、、男性同士の下ネタは世界共通のようです(笑)   ・普段使う挨拶位は。 お店で注文する時や普段使う挨拶くらいはちゃんとした発音を含めて覚えておくことをおすすめします! あとはジェスチャーでカバーしましょう(笑)   で、そのうち英語がともなってくることを期待しましょう!意外と根気が必要です。(笑)          

3. 人間関係

  【心配事】 ・ハウスメイトとウマがあうか? ・英語話せないから面倒くさく思われないかな?     【体験談】 ・シドニーは多民族国家。 移民してきた他国の人が本当に沢山いるので、街中を歩いていても誰が現地人なのか観光客なのか分からないくらいです!   ・色々な文化が共存している国。 他の国の人に対してもウエルカムです!パブで飲んでいると話しかけられるのも良くあります!   ・私が住んでいたシェアハウス。 ほぼ全員違う国出身でしたが、とても素敵な人ばかりでした(^ ^)英語が話せなくても言い方を変えて話してくれたりもしてくれました。また、ある日私が英語が出てこずもじもじしていたら「ちゃんと聞くから、いいから話してみろ!」なんて言われたこともありました。(素敵)   ・分かりやすい簡単なゲームで仲良くなる。 最初は言葉が通じなすぎて、ジャンケンで負けたら飲む!くらい簡単なゲームで遊んでいました(笑) 交流のためにカードゲームや海外で流行っているゲームを調べて覚えておくのも良いかもしれません(^ ^)  
英語 スラング 挨拶
オーストラリア英語のスラング、覚えておくと便利な 10単語 -挨拶編-
       

4. 健康

  【心配事】 ・自炊したいけどお水使ったらお腹痛くなったりするかな? ・日差しが強いって聞くけど、すぐ赤くなっちゃう私は大丈夫なのか?     【体験談】 ・水に関して。 シドニーにいる間は1度もお腹を壊しませんでした!料理はもちろん、コーヒーやお味噌汁なんかもシドニーの水道水で作っていました!飲料水としては、浄水ポットみたいなので1番浄化してから飲んでましたが本当に浄化されていたのかは謎です。   ・日焼け止めは必需品。 日本から強めの日焼け止めを持って行きました。BBQなんかで長時間外に出る時は必ず何回か塗るようにしていました!あと、強い日差しが目に入りすぎると日焼けすると聞いていたのでサングラスもしていました。結果、肌がピリピリするまでの日焼けは防げました!  
紫外線 日差し
オーストラリアの紫外線ってどれくらい強いの?
       

5. お金

  【心配事】 ・シドニーは物価が高いって聞いたけど、お金もつかなぁ? ・節約のために自炊したいけど海外のスーパーにあるもので料理出来るんだろうか!?     【体験談】 ・物価はやはり高かった。 コンビニなんかは特にコンビニ価格というものがあり普通のスーパー等で買うよりも全然高いので、日本の感覚で毎日使っていたらあっという間にお金が減っていきます。   ・家賃は高い。 特に1人部屋はかなり高めですが、ルームシェアで4人部屋とか、シティーからは離れると意外と安く済んだりもします。日本の様な1人暮らし、みたいな1DK的な家は無いので、シェアハウス(家)、フラットシェア(マンション)が基本です。   でもお金の面だけを考えると、家賃の中に光熱費が含まれているというのもあるので東京で1人暮らしするよりは安く済みました!(※ルームシェアですがw)  
家賃 路線 相場
家賃を路線図で見る!オーストラリア(シドニー・メルボルン・ブリスベン)
  ・食事は外食を控え自炊! これに限ります!倍くらい使うお金が変わってきます!自炊を味方に出来たら怖いものはありません!(笑)   そんなに料理が得意ではない私は自炊に自信がありませんでした、、、そんな私でも海外にある食材で料理出来るのか不安でしたが、シドニーのスーパーには日本人が使いやすい食材がいっぱいでしかも安い!なので料理が得意じゃない方でも安心格安に自炊できます(^ ^)  
物価 食品 節約
行く前に知っておきたい!オーストラリアの物価と安い食品類
こちらに詳しく書いたので合わせて読んでください。          

6. 服装

  【心配事】 ・おしゃれして歩きたいけど、荷物が多くなっちゃう、、、みんなどんな服着てるの?     【体験談】 ・服は意外と少なくても大丈夫。 色んなお気に入りの服を着て、おしゃれして、色んな場所に出かけたり写真を撮ったりしたい!!女子ならほとんどの人がそうですよね!私もその1人。でも荷物が増える増える、、、小物やアクセサリーも持とうとすると膨大な量に(笑)   とりあえず持てるだけ服や靴を持ちましたが、実際シドニーで着ていたのは【帽子、Tシャツ、デニム、スニーカー】こんなもんです。あとはクラブに遊びに行くときの【ワンピース】以上!   女の子が気になるシドニーライフでの服装については、長くなりそうなのでまた別記事にまとめようと思います!!          

まとめ

  いかがでしたか?   海外に挑戦したい女子の不安が少しでも解消出来て、楽しいシドニーライフが送れることを願っています(^ ^)