フルサポート
オーストラリアの現地にある、評判の良い無料留学エージェント、アイエス留学ネットワークとバイブスがワーキングホリデー、留学生の留学生活をフルサポートいたします。

スラングってなに?その語源について調べてみた

2016.02.15 コウスケ
スラングってなに?その語源について調べてみた

スラングって、皆さんはどういうイメージが有りますか?

 

・カッコイイ
・汚い言葉
・若者言葉

 

こんな感じでしょうか?

個人的には、口語というか仲の良い仲間・フレンドリーな人との間で使う的なイメージが有ります。

では、もともとスラングってどの様な意味なのでしょうか?

 

スラングの意味

スラングの意味、語源 (via: http://www.ecenglish.com/)

 

「スラング = Slang」とは「教養としてあつかわれない言葉」や「特定の人々の間でのみ通じる言い回し」の言葉を指します。

しかし、英語のスラングにはかなり人を罵倒する言葉や薬物系のスラングが非常に多いというのも確かです。

そういった言葉の代表例としては「FUCK」「SHIT」など、良く聞いた事が有るのでは無いでしょうか?

 

wikipedia から引用

スラング(英: slang)は、特定のエスニック集団、職業、年代、生活環境、ライフスタイル、趣味、嗜好を共通にする集団の中でのみ通用する隠語、略語、俗語のこと。 

(via: wikipedia/スラング)

 

スラングの語源

スラングの語源とは (via: http://www.telegraph.co.uk/)

 

スラングは、もともと公然の場で口に出すことが一般に躊躇されるような言葉を、別の言葉で言い換えて表現すところから来ている様です。

特に「性、暴力、犯罪、薬物、差別」に関する言葉の語源となっている事が多く見られます。

また、特定の時代のファッションやエンターテイメント等の流行に伴って発生することも多くみられ、その場合はそれらの語源や背景の意味を知らなければ言葉の意味を理解する事が難しかったりします。とくに日本語で良く有る略語などのスラングはそれに当たります。

よって、そのスラングを知っているという事は、その人がそのグループや物事の事をよく知っているか知っていないかの判断基準となったりする事も有ります。

 

英語のスラングと日本のスラング

via GIPHY

 

英語のスラングには有名な Fuck を使った

 

・Fuckin Cool : めっちゃカッコイイ!
・Fuck da Shit : くそやろう!
・What the Fuck :  なんてこった!
・Fuck Yeah : やったー!さいこー!

 

の様なちょっと汚い言葉の他にも

 

・wanna : want to の略
・gonna : go to の略

 

などの略語もスラングに当てはまります。

※ Fuck という単語は、あまり良い印象を与えないため、SNSやネット上などで文章を書く際には、「F*ck」や「F**ck」などの伏せ字がよく使われます。ですので、文章中に使う時は伏せ字にする等、注意して使った方が良いかもしれません。

 

日本語のスラング

 

・リア充
・大人の事情
・中二病
・ラリってる
・あけおめ
・KY(空気読めない)
・OL(オフィスレディー)
・エンタメ(エンターテイメント)

 

など、ちょっと古いかもしれませんが、どちらかと言うと若者言葉やネットから派生した言葉が多い様です。

 

まとめ

via GIPHY

 

よく、スラングは使っちゃだめ!汚い言葉を使うと喧嘩になるよ!

などという話を聞く事が有りますが、個人的にはそんな事は無いと思います!!!

ただ、もちろん使いどころをしっかり分かった上で使わなければいけません!

日本でも、仲の良い人意外の人との会話で「くそカッコいい」「あいつKYですね」なんて、まぁ普通はいきなりは使わないですよね?

それと同じです。海外は敬語や上下関係が日本の様には多く無いので、フレンドリーに感じると思いますが、そんな中でももちろんモラルや礼儀という物はあります。

ただ、中の良い友達どうしでの会話等ではこういったスラングは日本で友達との会話と一緒で良く出て来ます!

自分は使わなかったとしても、有る程度知っておく事に損は無いと思いますし、その単語を知っている事で一気に友達との距離が縮まったりもします。

スラングはちゃんと理解した上で、使えば海外で仲の良い友達を作る上ではとっても大きな武器になるでしょう!