フルサポート
オーストラリアの現地にある、評判の良い無料留学エージェント、アイエス留学ネットワークとバイブスがワーキングホリデー、留学生の留学生活をフルサポートいたします。

クロコダイル・ファームでの体験談がおもしろすぎた

2018.02.02 チャーリー
クロコダイル・ファームでの体験談がおもしろすぎた

Vibes のひろです!

突然ですが、皆さんはクロコダイルを生で見たことはありますか?

動物園で見たことがあるという方はいらっしゃるかと思いますが、日本で野生のワニの生息はしていないようなので(ペットして飼われていたものが捨てられたり、東南アジアなどから海流に乗って流されてきたというケースはまれにあるようですが)、ほとんどの方が「野ワニ」というのは見たことがないかと思います。

オーストラリアには野生のクロコダイルが数多く生息し、特に北部オーストラリアに位置するDarwin(ダーウィン)などではよく見かけられます。

毎年被害も発生しており、河川や河口、湖などでは危険を促す看板が立てられているなど、注意が必要な地域もあります。増水した河が氾濫したりすると、街中や家の庭先で発見されるといったことも起きています。

朝家出て、軒先にワニいたら笑えないですよね。。。庭ににわかにワニがいる。たまったもんじゃないです。

そんな、日本人にとっては野生でいることが信じがたいクロコダイルですが、オーストラリアでは革製品や食用目的としてクロコダイルが飼育されている「クロコダイル・ファーム」が存在します。

そしてなんと、ワーキングホリデーという海外で働くことの出来るビザでは、実際にそこで働くこともできるのです!

クロコダイル・ファームで働いたことがある方にお話を聞いたことがありますが、話がもうネタを超えているレベルです。(笑)

その方は餌がたくさん詰められた大きなバケツを、クロコダイルが沢山いる水場に走りながらばらまいていくという作業をしていたそうです。そのバケツの重さが40~50kgあるというんだから、逃げ切れなかったらどうするのよ!という感じです。

大人ワニで2~3mほど、これもまだそこまで大きくはないらしく、主レベルだと6~7mになるそうです。

ワニは威嚇するときに口をパッと開いてまた閉じるそうなのですが、そのときに出す音が一般ワニだと「パンッ!」と平手を打ったような音なのですが、主ワニになると「ドム!」という重く鈍い音がするそうです。なにそれ・・・。

とにかくワニ話が面白くて、時が経つのを忘れるほど夢中になってしまい、ワニ熱に冒されてこのような記事をあげるまでにいたりました。

  ※閲覧注意!!爬虫類苦手な人は観ないほうがいいです!!

クロコダイル園の動画なので優しい内容ですが、なかなかのワニ感です。