フルサポート
オーストラリアの現地にある、評判の良い無料留学エージェント、アイエス留学ネットワークとバイブスがワーキングホリデー、留学生の留学生活をフルサポートいたします。

オーストラリアと日本の祝日を比較 2020

2019.11.24 コウスケ
オーストラリアと日本の祝日を比較 2020

海外って、長期の休みが簡単に取れる!そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?そして、日本と言えば、世界的に見ると働きすぎという印象がありますよね。

でも、日本の祝日は世界的にも1、2を争う多さという事を知っていましたか?

しかし、それとは逆に有給休暇の消費・取得率は世界的にかなり低い傾向にあります。エクスペディアが2018年12月10日に発表した『世界19か国・有給休暇・国際比較調査2018』によると、日本人の有給休暇消化率は50%で、調査は、先進国を中心にアジア圏の国を含めた世界19ヶ国の中で、3年連続最下位となっています。

なぜ、有給休暇を使わない傾向にあるのかについては、様々な状況が考えられるのでここでは、明記はしませんが、やはり社会全体の傾向的に、あまり有給休暇を使い難い状況にあるのは間違えないと思います。

また、同調査では、日本は一番長期休暇を取り難い傾向にあるとなっていますが、確かに日本で働いている場合、一般的には1ヶ月単位での長期休暇は取りにくいと思いますし、なかなかその様な長期休暇を取った。という人の話は聞いた事がありません。

それとは、反対にオーストラリアは祝日は少ないですが、長期休暇は日本と比べると取りやすい傾向にあります。と言っても、いきなり初年度から長期休暇を取れる訳ではなく、例えば、3年間働くと1ヶ月の長期休暇が取れるなど、職種によって様々ですが、ある程度の期間働くと、長期休暇が取れる様になるのが一般的です。

という感じで、簡単に違いをまとめると

 

日本 年間の休み(祝日)は多いけど、長期休暇は取りずらい
オーストラリア 年間の休み(祝日)は少ないけど、長期休暇は取りやすい

 

と言った感じです。皆さんはどっちの方が良いですか?

 

オーストラリアの祝日(2020)

1月1日(水) New Year's Day
1月26日(日) Australia Day
1月27日(月) Australia Day(振替休日)
4月10日(金) Good Friday
4月13日(月) Easter Monday
4月25日(土) ANZAC Day(*NT, WA は除く)
4月27日(月) ANZAC Day(キャピタルテリトリーのみ)
12月25日(金) Christmas Day
12月26日(土) Boxing Day(*SA は除く)
12月28日(月) Christmas / Boxing Day Holiday
合計10日

オーストラリアでは、州によって、独自の祝日があったりなんかもします。上記の休みはあくまでも、オーストラリアの国民の祝日となります。

 

日本の祝日(2020)

1月01日(水) 元日
1月13日(月) 成人の日
2月11日(火) 建国記念の日
2月23日(日) 天皇誕生日
2月24日(月) 振替休日
3月20日(金) 春分の日
4月29日(水) 昭和の日
5月03日(日) 憲法記念日
5月04日(月) みどりの日
5月05日(火) こどもの日
5月06日(月) 憲法記念日の振り替え休日
7月23日(木) 海の日(2020年のみ)
7月24日(金) スポーツの日(体育の日)(2020年のみ)
8月10日(月) 山の日(2020年のみ)
9月21日(月) 敬老の日
9月22日(火) 秋分の日
11月03日(火) 文化の日
11月23日(月) 勤労感謝の日
合計17日

 

日本もオーストラリアもそうですが、年末の休みなどは法律で定められている祝日ではなく、あくまでも習慣とのことです。

また、オーストラリアの祝日の特徴としては、日本よりも閉まっているお店やサービスが多いことにあります。特にクリスマスや年始はスーパーやコンビニなども閉まってしまう事があります。最近では、流石に不便という事なのか、シティー内では営業時間を短縮して開いている所も多く見かける様になりました。

ですが、クリスマスや年末年始は前もって食べ物や飲み物を買い溜めしておくといいでしょう!