フルサポート
オーストラリアの現地にある、評判の良い無料留学エージェント、アイエス留学ネットワークとバイブスがワーキングホリデー、留学生の留学生活をフルサポートいたします。

泣き寝入りはもう辞めた!空港での荷物紛失への対処法

2017.04.06 チャーリー
泣き寝入りはもう辞めた!空港での荷物紛失への対処法
突然ですが、皆さんは空港は好きですか?   私は空港がとても好きです!   出発ロビーではこれから始まるホリデーや、到着地の景色、食べ物、出逢いにドキドキしていたり、飛行機の中の映画は何を見ようか、機内食はどんなかな、と思いを馳せるだけでワクワクします。   海外旅行の場合、到着後は日本とはまったく異なる世界が広がり、突然日本語が通じない環境に戸惑いもしますが、それでもようやくホリデーが始まったんだ!と胸踊る気持ちは変わりません。   少し不安な入国審査を抜け、あとは荷物受け取ったら新しい世界が待っている・・・!   そんなときに、もし、あなたの荷物が壊れていたり、出てこなかったりしたら・・・せっかくのホリデーの始まりも台無しな気持ちになってしまいます。   預け荷物 受け取り 飛行機   先週、イギリスのある空港で、荷物係のスタッフが、荷物をぞんざいに扱う様子が隠し撮りされていました。   なんとそのスタッフは荷物を蹴ったり、押し込んだり、丁寧に扱っていなかったそうです。   ただ、荷物の破損がどういう理由によるものなのか、実際にその現場にいて、その瞬間を見ていないことには証明することは難しい・・・。   しかし幸いにも、あなたの荷物がぞんざいに扱われたときに、あなたの荷物を守ってくれる規則(ルール)があることをご存知でしたか?   では、そのような不正行為にあったときにあなたの取れる行動は何でしょうか??   預け荷物 飛行機 海外   一般的に、、、   航空会社とその代理店には乗客の機内搭乗中、降機中における機内持ち込み荷物と預け荷物の中身の破損、紛失における責任を負っています。   何よりも、クレームをするときにはきちんと証明できるものが重要です!    

クレームを入れる時にチェックしておくべきリスト

トランク 預ける 空港   1) 荷物を受け取ったらすぐに、はっきりと分かる荷物のダメージの写真を撮る。   2) 次に、ダメージの報告を直ちに行う。できるだけ空港を発つ前が好ましい。   3) この時点で、航空会社はその報告のチェックを要望するでしょう。   4) ほとんどのケースで航空会社は摩擦、かすり傷程度のダメージでは補償をカバーしませんが、もしあなたの荷物が目に見えて分かるほどのダメージを受けていれば、このケースが該当します。   5) もし個人的に修繕・修理することにした場合、それらにかかった費用のレシートは保管しておくようにしてください。   6) カバンの中身も同様にレシート、ダメージがついた場合の証拠を取っておくようにしましょう。  
  もちろん、こういった自体に備えて、海外旅行保険を使って荷物の破損時に保険申請するのがベストな方法ですが、これも骨を折る作業です。   もし、皆さんが航空会社や保険会社の対応に満足できない場合は、法律により、国内線、国際線によって申請の手順が定められています。    

国内線の場合

・国内線を使ったときに荷物の紛失、破損、損傷があった場合、それらが起きてから21日以内に書面にて航空会社に対して、報告をしなければなりません。 ・それらの被害に対して、最大で乗客1人に対して900AUDまで補償されます。  

国際線の場合

・国内線と似ていて、同様の被害を被った場合、21日以内に書面にて航空会社に対して、報告をしなければなりません。 ・しかし国内線と異なり、最大で乗客1人に対して2008AUDまで補償されます。     繰り返しますが、申請時に何よりも味方になるのは、   ・書面でのやり取りのコピー ・写真 ・ダメージを受けた荷物の詳細 ・レシート   になります。   それでももし航空会社から何も音沙汰が無い場合は、法律家のアドバイスを受けることがいいでしょう。   荷物 空港 預ける   余談ですが、日本のスーツケースとオーストラリアのスーツケースの扱われ方も全然違う!!   日本は少しでも荷物が取りやすいように、取っ手がパッセンジャー側に向いていますが、オーストラリアでは無造作にガチャガチャと流れてくるだけ!   これが世界のスタンダードなのかもしれませんが、日本のような気配りの高さには毎回惚れ惚れします。