フルサポート
オーストラリアの現地にある、評判の良い無料留学エージェント、アイエス留学ネットワークとバイブスがワーキングホリデー、留学生の留学生活をフルサポートいたします。

デイライト・セービング(Daylight saving)で、一日をより楽しむ!

2018.09.26 チャーリー
デイライト・セービング(Daylight saving)で、一日をより楽しむ!

日本と季節が真逆のオーストラリアはまさに今春を迎えました。

9月もまもなく終わろうとしていますが、まだまだ温かくなったり寒くなったり落ち着きませんね。体調を崩しやすい時期なので、皆様どうぞお気をつけください!

10月を迎えるとオーストラリアでは春のおとずれを告げるもうひとつのイベントがあります。

そう!!!

Daylight Saving が10月第一日曜日から始まります。

日本では聞き慣れないことば。

Daylight Savingってなんなんでしょう??

 

Daylight Saving とは

デイライトセービングの時間

 

春・夏の日中をもっと楽しんじゃおうぜ!ってことで、時計を一時間はやめて、明るい時間を長く取る制度になります。

サマータイム というと呼び方がピンとくる方も多いかもしれませんね。

オーストラリアでは

 

・シドニーのあるニューサウスウェールズ州
・メルボルンのあるビクトリア州
タスマニア州
南オーストラリア州
・首都キャンベラでお馴染みキャピタルテリトリー

 

が該当します。

 

タウンホールの時計

 

毎年10月の最初の日曜日午前2:00に始まり、4月の最初の日曜日午前3:00に終了します。

なので、今年(2018年)は「10月7日午前2:00~4月8日午前3:00までが、Daylight Savingになります。

つまり、、、

2019年10月6日(日)

2:00AM になったとたん、、、

2:00AM → 3:00AM

になるということです!!!

何が起こるか・・・

 

パブであと一杯と思ってビールを飲んでいたら、突然店じまいになって追い出されてしまいます!!!

 

 

Whaaaatttttt??!!!!

 

そしてこの日の朝は体感的に一時間早起きになる、ということですね。。。

しかし、昼の時間が延びるということは

明るい時間にお酒を飲む時間が延びる!!!ということ。

Hooray!!!!!!!

今日は仕事も早く片付けて、きたるDaylight Savingに備えて少し早めの乾杯をしちゃいましょう!

See ya mate!!!