フルサポート
オーストラリアの現地にある、評判の良い無料留学エージェント、アイエス留学ネットワークとバイブスがワーキングホリデー、留学生の留学生活をフルサポートいたします。

今後のオーストラリアのフェスの行方。巨大なクラブ音楽フェス が次々に終了

2016.04.08 コウスケ
今後のオーストラリアのフェスの行方。巨大なクラブ音楽フェス が次々に終了
EDM フェス シドニー     オーストラリアで、クラブ系のビッグミュージックフェスと言えば Stereosonic, Future Music Festival などではないでしょうか。   昨年、Future Music Festival の今後の開催見送りのアナウンスがありましたが、先日もう1つのクラブ系のビックミュージックフェス Stereosonic の今後の開催見送りのアナウンスがありました。   どちらのフェスもオーストラリア発オーストラリアのみで開催されていたフェスで、シドニー、メルボルン、アデレード、パースなど、各地を国内外ビッグアーティーストと共に回ります。         Stereosonic は 2006年から Future Music Festival は 2007年から、Stereosonic は 12月、Future Music Festical は 2月末〜3月頭にかけて開催されていました。   Future Music Festival は 2015年、集客の減少が原因で開催が終了しましたが、それに続き Stereosonic の終了のアナウンスはオーストラリアだけでなく、世界の多くのクラブミュージックフェスファンに衝撃を与えました。   両フェスの特徴としては、Stereosonic は出演者の大半が DJ、Future Music Festival は DJ と バンド が半々といった感じです。         今回の Stereosonic が終了となった背景には先日の親会社の SFX の倒産が大きく関係していると見られていますが、当初 SFX が倒産した時には Stereosonic への影響は無いとのアナウンスがされていました。それだけに、今回の今後の開催見送りのアナウンスは衝撃的でした。   近年、世界では EDM(エレクトロニックダンスミュージック)のブームに共ない巨大なミュージックフェスが続々と出来、開催されていましたが。そのブームの収束と共にそのフェスブームも終わりに向かっているので、その流れがオーストラリアにも来たという感じなのかもしれません。   また、フェスの規模の拡大と共にドラッグによる死者や病人の数も年々増加傾向にありそれも大きな問題の1つの様です。   しかし、オーストラリアには、Stereosonic や Future Music Festival の様な巨大なフェスでは無くとも、まだまだ独自の面白いフェスやイベントが沢山有りますし、音楽シーンも盛んです☆       ・ONE NIGHT STAND http://www.abc.net.au/triplej/events/onenightstand/   ・LANWWAY FESTIVAL http://www.lanewayfestival.com/   ・BIG PINE APPLE MUSIC FESTIVAL http://www.bigpineapplemusicfestival.com/   ・ELECTRIC GRANDS http://electricgardens.com.au/       など!     よく、DJ や クラブ関係の日本人からオーストラリアってフェスやレイブが沢山有るって聞くけど、音楽シーンってどうなの?とかオーストラリア行ったけど、全然音楽シーンが盛り上がってる感じが無い。なんて話を聞く事が有りますが。はっきり言ってそんな事は全然有りません。   ただ、コミュニティが小さいのも事実なので、それを見つけて更に入るまでが大変。。。   でも、入ってしまえばビックリする位、世界が広がります!その辺りはまた今度しっかり書きたいと思います。     シドニー クラブ イベント     話はちょっとそれてしまいましたが、これはオーストラリアだけでなく全世界に言えるのかもしれませんが、これからクラブ系の音楽フェスはEDM系の手を挙げて盛り上げ、とにかくデカく派手に!という時代からもっと本来のクラブと言うアンダーグランドから派生している DJ のパフォーマンスやバンド等の時代になっていくのかもしれません。   特に、オーストラリアのフェスは土地が広いというのも有って、大都市シドニー均衡で行なわれるフェスでも開放感が最高です!     開放感 自然 オーストラリア     やっぱり、オーストラリアと言えば大自然!ですからねw   今後、オーストラリアのフェスや音楽シーンにはもちろん不安も有りますが、とても楽しみです☆