全ての記事一覧
全ての記事一覧を見る
クリスマスカードの書き方

2017.12.19

めろの英語カフェ

めろの英語カフェ|メリークリスマスは使わない方がいい?クリスマスカードの書き方

英語の先生めろ めろ
担当:ライター
出来る事:英語の同時通訳
好きなもの:犬・猫・赤・ピンク・パープル・お料理・クラブDJ・撮影・お洋服

 

日本ではお馴染みの「メリークリスマス」も最近では、Happy Christmas や Merry Christmasよりも、世界的に「Happy Holiday」を使います♡

 

その理由として海外では近年、ユダヤ教やイスラム教、仏教等の様々な宗教の方がいるということで多文化・多宗教に、とてもデリケートに配慮しているからです。

 
 

使い方

 

挨拶、see you や byebye の後に付け足したり、言われた側も「you too. happy holiday」と返してあげてね♡

 

そこで、クリスチャン以外のお友達とクリスチャンの人へ送る時それぞれ参考になりそうな、カードの例文も考えてみたので、添えておくね♡

他宗教のカードの例文

 
To friends
Let’s celebrate our time together in this beautiful season on greetings.
We are willing to share glory towards one another and let’s forget about with something whatever you wanna it.
Once and stand tall let’s hug our beings start enjoying our time. we wish you all the best in the New Year.
Happy holiday.

クリスチャンのカードの例文

To greetings
All those happy Christmas for ready Christmasholic and nice individuals time everywhere. May joyful Christmas bring happiness and we wish you all the best in the New Year.
Happy merry X’mas.

 

Google share Pocket share

いいね!して
最新記事を受け取ろう。