全ての記事一覧
全ての記事一覧を見る
DJ DELTAZIA のオーストラリア留学

2017.10.21

みんなの生活日記

初ブログ! 初めまして。デルタです!

初ブログ!
初めまして。デルタと申します。
本当に簡単にですが、サクッと自己紹介。

 

DJ DELTAZIA のオーストラリアでの生活 デルタ(DELTAZIA)
平成元年生まれ28歳(男)
出身:埼玉県
好きなこと:音楽 (TECHNO DJやってます)、海、山、お酒、ファッション
 
大学卒業後、新卒で5年半勤めた繊維卸での営業の仕事を辞め、ワーホリを決意。

 

オーストラリアに来て3週間弱、学校が始まって2週間。これから引っ越しやらバイト探しやらでまた忙しくなりますが、一旦落ち着いたので初めてのブログを書いてみます!

 

早速色々話のネタはあるのですが、、
語学学校について書いてみようかな。

 
 

オーストラリアでの語学学校

 
 

Access Langage Centre というセントラル駅から程近い語学学校に通っていて、ヨーロッパ、アジア、南米、様々な国から学生が勉強に来ています。

 

初日にクラス分けテストがあり、高校を卒業してからというものロクに英語の勉強して居なかったのですが(大学行ってたけど…ね笑)奇跡的に真ん中ちょっと上のクラスに振り分けられました。

 

授業初日。ドキドキです。
皆さんも一度は聞いたことがあると思いますが特にヨーロピアンの学生は発言、質問の嵐!授業はメチャクチャうるさいです(笑)。日本の学校では机で静かに板書をして、聞きたいことがあったら手を上げて先生に指されてから質問をする。これが模範的なものであったかもしれませんが、ここでは真逆。わからなかったら即座に質問、先生に当てられても居ないのに問題の解答を答えるなど、日本とは授業の様子がまるで違います。気遣って発言の機会を伺っていると飲み込まれます(笑)。

 

俺の、俺の、俺の話を聞けーー!!

 

ってな勢いです。

 

でね、思ったんですよ

 

なんだよこいつら英語でバンバン質問してやがる、、英語学ぶ必要あるのかよ!!」と。

 

慣れてくると段々と気付かされるのですが、彼らは文法なんかメチャクチャでもお構い無しなんですね!驚いたのは「was」と「were」の使い分けをよくわかっていない、などなど、日本では基礎の基礎で習うような事を完全にすっ飛ばして喋っている点です。時制なんかもメチャクチャです。それでも即座に言いたいことが出て来て先生や他の学生と意思疎通しているんだからスゴイですよね。それが自分も出来るかって言われると今の僕には出来ません。彼らが意思疎通しているってことはリスニングも出来ているって事。日本とは真逆ですねぇ。

 

正しい英語を使うに越したことは無いですが、意思疎通できなければ何にもなりませんよね。英語で意思疎通しようと思ったら彼らを見習って間違いなんか恐れずにガンガン発言すべきなんだなぁと身をもって実感した次第です。テストじゃなければ誰も減点なんかしませんから。英語を机で静かに勉強して居てもこの姿勢はこの環境に身を置かないと身につかない事ですね。国際社会では彼らと肩を並べるわけです。

 
 

オーストラリアでのバーベキュー

 
 

そしてこれはかつてオックスフォードに2週間だけ居た時にも実感した事なのですが、2、3週間英語の環境にいると段々と耳が慣れてくる。シドニーのホームステイ先到着の初日はホストファミリーが何を言ってるのか全然わからず、言いたいことも言えない世の中でポイズンでした。今日は土曜日、皆が朝は出かけず家でのんびりしているのでコーヒーを飲みながら色々とおしゃべりする余裕も出来て来ました。週末のマーケット情報を教えてくれたので午後は色々歩き回ってみようかと思います!

 

そろそろ出かけるので今日はこの辺で。
また暇な時、書きますね〜。

 

Adios★

 
 

Google share Pocket share

いいね!して
最新記事を受け取ろう。