全ての記事一覧
全ての記事一覧を見る
オーストラリアの音楽をお届けする Vibes Music Post

2017.09.17

Vibes Music Post

Vibes Music Post (vol.3) ~ドラムンベース、ロックバンドのレジェントといえば~

どーも、11月にシドニーに戻る為の用意で最近ドタバタなこーすけです。

 

近々記事も書こうと思いますが、シドニーはここ最近2010年以来最速で家賃が上がっており、大変です。とは言え、後2ヶ月。楽しみです!

 

さてさて、Vibes Music Post 3回目!今週も前回に引き続き三連休に東京で開催されるアメリカ発祥のダンスミュージックの都市型大型フェス ULTRA MUSIC FESTIVAL にも出演するあのレジェンドバンドをご紹介します。

 

と、その前に今週のオーストラリアの音楽チャート「ARIA CHART」をチェックしてみましょう!

 

今週は今、ダンスミュージックの都市型大型フェス ULTRA JAPAN が開催されているという事で「ダンス・シングルチャート」をチェックしてみたいと思います!

 
 

DANCE SINGLES CHART (17 SEPTEMBER, 2017)

 

1. Calvin Harris – Feels ft. Pharrell Williams, Katy Perry, Big Sean youtube

2. Avicii – Without You “Audio” ft. Sandro Cavazza youtube

3. Jonas Blue – Mama ft. William Singe youtube

4. Marshmello ft. Khalid – Silence youtube

5. David Guetta ft Justin Bieber – 2U youtube

6. Axwell Λ Ingrosso – More Than You Know youtube

7. Peking Duk & Aluna George – Fake Magic youtube

8. Cheat Codes – No Promises ft. Demi Lovato youtube

9. Clean Bandit – Symphony feat. Zara Larsson youtube

10. Major Lazer – Know No Better (feat. Travis Scott, Camila Cabello & Quavo) youtube

 
 

Dance Single Chart はやはり今の時代の流れなのか、EDM の DJ アーティストがずらっと並んでる感じですね!

 

この中だと、DJ系じゃ無いアーティストというと、「Clean Bandit」「Aluna George」あたりでしょうか。

 

個人的な感想としては、Calvin Harris は相変わらず、流行りを抑えるのが凄いなぁー、毎回曲出すたびに全然違うテーストのが出てくるので、その辺がとても楽しみです。

 

EDM というジャンルが出来てきて、ポップスのダンスミュージックに DJ が登場する様になってから、最近 EDM の曲が同じ様なサウンドの中で、「Jonas Blue」は特徴的だなぁーと思っています。というか EDM の DJ というより、楽曲はダンスミュージックのクリエーターといった感じですね。以下の彼のスタジオの動画からもその様子が伺えます。

 
 

 
 

また、「Clean Bandit」なんかも、バンド!といった感じですね、いろんなボーカルやアーティストを招いて曲を作るスタイルはダンスミュージックならではのバンドスタイルかもしれません。

 
 

 
 

これからは、こういうバンド形式のダンスミュージックアーティストに注目ですね、DJプロデューザーは一時代を気づきましたが、そろそろ時代が変わってくるというところで、こういうバンド形式のアーティストが来るのでは無いかと思っています。

 

ちなみに、今週7位にランクインしている「Peking Duk」はオーストラリアのキャンベラ出身のアーティストです!こちらはまた紹介しようと思います。

 

と言うわけで、ここからは、今週のオススメのアーティストを紹介したいと思います。

 
 

今週のオススメのアーティスト

オーストラリアのミュージシャン、ペンデュラム
(credit: PENDULUM)

 

PENDULUM

 

オーストラリア、パース出身のエレクトロニック・ミュージック・バンドで、現在はイギリスに拠点を移し、ロンドンを中心に活動を行っています。結成は2002年で、音楽のスタイルは、ドラムンベースとブレイクビーツを基本としたロックバンドで、ライブパフォーマンスもかなり評価の高いアーティストです。

 
 

 
 

やはり、2010年のこの曲のヒットで、一気にメジャーでも知られる様になった感じがします。いやぁ、、、カッコイイ、、、鳥肌立ちますw

 

個人的にも、とても好きなアーティストで、確か2012年だっとと思うのですが、 TOKYO WOMB の 06S というドラムンベースのイベントに登場した時は、その日僕も違うフロアで出演だったのですが、自分の出番の後すぐにメインフロアに見に行き最前列でビショビショになった思い出が有ります。その後、活動が一度止まったので、びっくりしましたが、2016年からまた活動を再開し、今年の TOKYO WOMB の 06S のアニバーサリーパーティーにも再来日していましたね、残念ながら僕は他で予定があったために行けませんでしたが。

 
 

 
 

再始動で、Ultra Miami 2016 に出演した時はすごかったですねー。この時は、PENDULUM の前に PENDULUM のボーカル(Rob Swire)とベース(Gareth McGrillen)の二人が、行なっている DJ ユニット「Knife Party」が、パフォーマンスを行いましたが、この Ultra Miami 2016 は彼らのためのフェスといっても良いぐらいすごかったです。

 

初めに、Knife Party がパフォーマンスをしているときに、EDM のクリエーターで、毒舌としても世界的に有名な Deadmau5 が登場、その後ステージの前が開き PENDULUM が登場、そしてそのパフォーマンス中に、Rage Against The Machine を作ったギターリストとして有名な Tom Morello が登場しました。特に、Tom Morello が登場した時はテンションがかなり上がりました。昔、よく Rage Against The Machine の曲を聞いたりコピーしたりしていたので。

 

PENDULUM は、広がりのあるボーカルやシンセと疾走感、生バンドならではのロックバンド的なアプローチはとっても聞いてて高揚感が有ります。ランニングの際に聞いたら、いつもよりスピードが上がりそうです!w

 

また、この PENDULUM 現在台場開催されている ULTRA JAPAN の最終日18日に LIVE Stage にて登場します!ULTRA JAPAN に行かれる方がいましたら是非チェックして見てくださいね!

 

最後に、完全に個人的な趣味で、こちらの動画を紹介。

 
 

 
 
PENDULUM のドラム KJ Sawka がスタジオで、PENDULUM の曲を叩いている映像、見ててとっても楽しいしカッコいいなぁーって思います!これはもう、興味ない人には何が面白いのかさっぱり分からない動画ですねw
 
というわけで、今週はこの辺で!
 
 

Artist Links

Website: http://pendulum.com/
Facebook: https://www.facebook.com/pendulum/
Twitter: https://twitter.com/pendulum
Instagram: https://www.instagram.com/pendulum/
Youtube: https://www.youtube.com/user/pendulumlive
Spotify: https://open.spotify.com/artist/7MqnCTCAX6SsIYYdJCQj9B
 

Google share Pocket share

いいね!して
最新記事を受け取ろう。