全ての記事一覧
全ての記事一覧を見る
シドニー ナイトライフ 夜

2016.07.07

VIBES

一目で分かる!シドニーの過疎化していくナイトライフを追った動画

 
2014年からシドニーで始まったナイトライフの法律「ロックアウト・ロー(Lockout laws)」それにより、”The Flinders, Exchange, Soho, Hugos”を代表し多くのクラブやバー、パブ等が閉店していきました。
 
そんな次々と有名なお店が閉まりシドニーの過疎化していくナイトライフを追った動画を今日は紹介したいと思います。
 
動画は、「SHIFTED PICTURES」というタイムラプスの動画制作をしているチームが作成したもの。
 

タイムラプスとは・・・
デジタルカメラを用いて連続したスチール画像を撮影し、それを素材として作った動画のこと。インターバル動画ともいう。一定間隔で連続撮影した静止画を、パソコンのソフト上で組み合わせることにより動画を作る。長時間の事象の変化を短時間で表現できることが特徴。撮影や画像作成のプロでなくても非常に鮮明で印象的な作品を作ることができ、2000年代には、デジタル一眼レフカメラや動画編集ソフトの普及により、多くのタイムラプスがインターネット上などで公開されるようになった。

(via: コトバンク/タイムプラス)

 
動画では、閉まったお店の現在の様子が映し出されています。
 
 
クラブ バー パブ
 
クラブ バー パブ
 
シドニー ナイトライフ 夜
 
クラブ バー パブ
 
 

 

 

 

 

 
 

Closed Sydney – Lockouts Timelapse from Shifted Pictures on Vimeo.
 
いかがでしたか?
 
ロックアウト・ロー(Lockout laws)の与えたものが、ダイレクトに伝わってきます。
 
シドニーではその法律に対して改善を求める運動や活動が行われ。
 
政府とその活動団体「KEEP SYDNEY OPEN」との間で話し合いが行なわれています。
 
 
 

Google share Pocket share

いいね!して
最新記事を受け取ろう。