全ての記事一覧
全ての記事一覧を見る

2015.09.21

オーストラリア

首相が去った日。人々はなぜタマネギをつるしたか?

先週の2015年9月14日。

 

支持率が低下していたトニー・アボット首相が、与党・自由党の党首選挙に敗れ首相を退任することになり、勝利したマルコム・ターンブル前通信相がオーストラリアの29代首相になることが決まりました。

 

この日、オーストラリアの友達のFacebookページには辛辣な祝福(?)を掲載する投稿が続きました。

 

もともと支持率は高くありませんでしたが、どこの国も、リーダーは叩かれる宿命にあるもんなんですね。

 

そんな投稿と一緒に目立ったのが、#‎PutOutYourOnions‬というハッシュタグと、ネットに入ったタマネギを玄関の外につるした写真。

 

 

auv_2

出典:https://weezmgkphotos.wordpress.com/2015/09/14/so-long-tonyabbottmhr-putoutyouronions/

 

なぜタマネギとアボット???

 

そう思われた方もいるのではないでしょうか。

 

この結びつけようにも結びつかない両者。

 

 

 

これにはこんな背景がありました、、、

 

 

 

政権中、数々のおかしな政策(行動)が目立ったと言われるアボット氏。

 

そんな数あるおかしな行動の中でも、代表的と言われるのが、、、

 

 

生タマネギをかじる!それも皮付きで!!!

 

auv_3

出典:https://vine.co/v/O9deFBO6HZW

 

 

というものでした。

 

それでもなぜタマネギをドアの前につるしたのかにはまだ繋がりませんよね。

 

これはオーストラリアのクリケット選手 Phillip Hughes が2014年11月に試合中に起きた不慮の事故でなくなった際に、バットを玄関前に置き、みんなで追悼の意を表明するというものから派生しています。

 

去りゆく首相に最後の華向け(タマネギ向け?)をオーストラリア人らしいユーモアと皮肉で表したのでした。

 

シドニーのパブには深夜1時半以降には出入りできない、3時にはお酒が出せなくなり営業が終了するなど、その政策にはナイトライフ界隈の人たちからのみならず、観光客からも大ひんしゅくをかっていたアボット。

 

次に首相になった Malcolm Turnbull の政策に期待したいですね。

 

See ya mate!!

Google share Pocket share

いいね!して
最新記事を受け取ろう。