全ての記事一覧
全ての記事一覧を見る

2017.03.02

イベント

マルディグラ、ゲイ・レズビアンによる世界最大級のイベント!


(TOP IMAGE VIA: http://www.mardigras.org.au/)

 

2017年3月更新

 

シドニーで、毎年2月〜3月にかけて3週間にわたるフェスティバルで100以上のイベントが開催されている、マルディグラ。

 

皆さんは、知っていますか?聞いた事有りますか?

 

僕は、シドニーに行くまで全然知りませんでした。

 

今日はそんなシドニーの一大イベント、マルディグラについてご紹介したいと思います。

 
 

マルディグラとは

160224_2

 

Sydney Gay and Lesbian Mardi Gras (ゲイ・アンド・レズビアン・マルディ・グラ)
公式HP:http://www.mardigras.org.au/

 

は、そのなの通り、ゲイとレズビアンのお祭りで、バイセクシュアルやトランジェンダの人達も参加しており、LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)の人達が中心となって行なっています。

 

もともとは、1978年6月24日に同性愛者達によるデモ行進が行われ、これが祭典の出発点となっていて、今では50万人以上の観客が訪れる規模になっています!

 

同性愛に対する法律は1975年に南オーストラリア州、1984年にはニューサウスウェールズ州でも合法化されたが、それまでは犯罪として扱われていて、何人もの逮捕者が出ていました。それに対する抵抗運動として、デモ行進が始まりとなっています。

 

また、マルディグラは、世界最大の LGBT 人達によるフェスティバルとしても知られています。

 

LGBTの人達によるイベントですが、アートやコンサートなど一般の人や観光客でも楽しめるイベントが数多く行われています。どのイベントもLGBTの人達らしくとても個性的でユニークな体験がマルディグラの魅力となっています。また、なかでもイベント最終日に行われるパレードは一番盛り上がります。

 
 

パレード(MARDI GRAS PARADE)

160224_3
(via: http://www.remarkablesydneytraveltips.com/)

 

マルディグラと言えば、やはり最終日に行なわれる、パレード!!!数十万人以上のLGBTの人達がシドニーのダーリングハースト(Darlinghurst)からシティーに向けて、オックスフォード・ストリート(Oxford Street)を練り歩き、沿道からは大群衆が声援が送ります。

 

因に、オックスフォード・ストリート(Oxford Street)はLGBTの人達の町として知られていて、普段からLGBTの人たち向けのショップやバー、パブ等が沢山並んでいます。

 

【パレード詳細(2017)】
日程:3月4日(土曜日)
時間:7pm 〜 11:30pm(大体4.5時間)
公式HP:詳細ページ
FACEBOOKイベント:https://www.facebook.com/events/1256463821058703/
場所:Oxford & Flinders Streets, Darlinghurst NSW 2010 →【MAP

 

パレードはめちゃくちゃ混みます!!!もし車を持っていたとしても開催周辺地区での駐車は困難なので、移動には共交通機関のご利用を使いましょう。歩きやすい靴で、パレード開始までに時間の余裕を持って観覧スポットを確保しましょう。間違いなく揉みくちゃになりますw

 
 

その他のイベント

マルディグラ ゲイ レズビアン イベント

 

パレード以外にも沢山の魅力的なイベントが開催期間中は毎日開催されています。

 

公式HP:http://www.mardigras.org.au/
から、TOPページにカレンダーがあるので、そこからチェックするか。

 

イベントガイド:http://www.mardigras.org.au/2017-festival-event-guide/
に、ズラーーーと、イベントが並んでいるので、そこからチェックしてみて下さい。

 
 

LGBT

160224_5

 

では、LBGTとは何なのでしょうか?上記でもチラット説明しましたが、、、

 

L:レズビアン、女性の同性愛者。
B:ゲイ、同性愛者全般を指す言葉ですが、主に男性の同性愛者を示しています。
G:バイセクシュアル、2つの性に性的魅力を感じる人。つまり両性愛者。
T:トランスジェンダー、持って生まれた性に対して、自分自身の本来のありようとは違うと違和感を覚える人。

 

wikipedia より引用:
LGBTという言葉や概念については様々な意見があるが、2006年7月に開催された第1回ワールドアウトゲームズにて採択されたモントリオール宣言以降、国際連合をはじめとした国際機関において性的指向や性自認にまつわる人権問題を扱う公文書においてもこの言葉は用いられている。
性的指向に関連するLGB(同性愛、両性愛)と性自認に関連するT(トランスジェンダー)は本来全く別のテーマであるが、これら一連の公文書においては、LGBTという言葉によってそれらを混同しておらずそれぞれ区別されている。
このLGBTという概念が、モントリオール宣言やジョグジャカルタ原則など国際機関において用いられるようになった理由としては、一つに、これらの当事者とりわけトランスジェンダーの数が少ないため単独で公的に人権問題として扱われにくかったことがあり、さらに同性愛、両性愛、トランスジェンダーはそれぞれ深刻な差別や殺害も含む迫害を受けてきたにも拘らず、不当な偏見やスティグマからそれらが公式に問題視されず、実態が報告されることも妨げられてきたことにおいて共通することが考えられる。
(via: https://ja.wikipedia.org/wiki/LGBT)

 
 

まとめ

160224_6
(via: http://www.complexmania.com/)

 

マルディグラ、シドニーで行なわれるフェスティバルの中でも大きなイベントの1つです。

 

最後にマルディグラ、行ってみたい!パレード見てみたい!そんな時の【楽しみ方・注意点】を書いておきます。

 
 

1. パレードは激混み!
早めに観覧スポットを確保しましょう!(ディズニーランドのパレード以上です。)

 

2. 有名人が参加することもあるので注意して見て見ましょう!
過去には、シンディ・ローパー(Cyndi Lauper)、ジョージ・マイケル(George Michael)、ルーポール(RuPaul)、チャズ・ボノ(Chaz Bono)、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)なども参加しています。

 

3. 歩道から声援を送りましょう!
当日は歩道と車道の間にバリケードが設置されます。テンションが上がってもバリケードを越えてパレードに乱入とかはしない様にしましょう!声援を送っていれば近寄って来てくれて気さくに一緒に写真を取ってくれたりもします☆

 

4. アイテムを揃えてみる!
レインボーフラッグを用意したりフェイスペイント等をしてイベントを楽しむのも良いでしょう!

 

5. 夜のゲイクラブには気をつけましょう。
夜のゲイクラブはかなりディープです。マルディグラの開催期間中に限らずですが、場所によってはドラッグやゲイやレズビアン同士がトイレから出て来ないなんて事は良く有ります。夜のゲイクラブ、とくにローカルなクラブに行く際には十分に注意しましょう!

 
 

シドニーは、世界で2番目に同性愛者の人達が多い町(1位ロサンゼルス、3位日本)となっており、また同性愛者が住みやすい国でもオーストラリアは6位に入っています。

 

世界最大級のLBGTによるイベントを楽しみましょう☆

 
 
 
 
 

Google share Pocket share

いいね!して
最新記事を受け取ろう。